平塚 インプラント 平塚総合歯科 インプラントとは

インプラントとは?

歯科医療のインプラント

歯科医療のインプラント

現代の歯科医療において、一旦失ってしまったご自分の歯を補う治療の中で、自然な見栄えや機能を再現することに優れているのがインプラント治療です。

ページのトップに戻る

インプラントの治癒期間

インプラントの治癒期間

通常は、オペ後3ヶ月でなんでもかめるようになります。最終補綴装置は、4ヵ月後にはいります。骨造成や、骨移植をしたケースでは、さらに3ヶ月から6ヶ月の期間が必要です。

ページのトップに戻る

インプラントと審美歯科について

インプラントと審美歯科について

機能面からも審美性からも、天然の歯との区別が難しいほど自然な仕上がりです。そのため、今まで歯が原因であきらめていた事が、インプラントによって可能になります。例えば、食事をおいしくたべることができたり、積極的にお出かけできるようになってりするかもしれませんね。患者さまによってさまざまです。

ページのトップに戻る

インプラントの耐久性について

インプラントの耐久性について

インプラント自体を材質的に考えると半永久的なものです。しかし、実際に考えなければならないことは、生体との調和です。したがってその寿命は、患者さんのお口の手入れによってきまります。天然歯と同様に、手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。治療後の口腔衛生管理はとても大切ですので歯科医師、衛生士の指導にしたがってお手入れの方法を学んでください。

ページのトップに戻る

インプラントに関する手術

当医院では、最小の外科的侵襲と短時間手術をいつもこころがけております。そのために、コンピューターガイドシステムを導入することで、治療の正確さ・確実さの向上に取り組んでいます。

ページのトップに戻る

インプラント手入れケアメインテナンス

インプラント手入れケアメインテナンス

天然の歯とインプラントの形態は同じではありません。そこで歯ブラシだけでなく、インプラントの形態に合わせた補助清掃器具を使用する必要があります。先生や衛生士から指導された清掃方法で、毎日必ずお口の中を清掃してください。

ページのトップに戻る

インプラント手術後の経過

極力、腫れない、痛くない手術をこころがけております。しかし、われわれが治療しているのは生身の人間ですので、いつも教科書どおりになるとはかぎりません。合併症(痛み、腫れ、しびれ、しこりやつれが残る)についても起こった際には誠心誠意の処置をおこなうようにしています。

ページのトップに戻る

手術後に注意すること

自然の歯と同様に清潔に口の中を保つこと、そして定期的な検査が必要になります。骨にインプラントが結合するまでは、特に注意が必要です。即時にインプラントの上に歯をのせてその日から使用していただく方法では、やわらかい食事からはじめてください。

ページのトップに戻る

インプラントができないケース

重症な全身疾患をお持ちの方の場合、インプラント治療が禁忌となるケースがあります。患者さまの健康を損なうことがないよう、歯科医師による詳しい検査により、インプラント埋入手術が可能かどうかを慎重に判断しています。また、インプラント治療が適しているかどうかは、骨の量にも関係しています。当医院では、骨量のすくない患者さまでも、骨再生療法をおこなうことで対応しています。

ページのトップに戻る