骨が少ない方へ

最新の骨再生療法について

当医院では、どうしても骨造成が避けられないケースのみを対象としています。

最新の骨再生療法について

上顎洞挙上術(サイナスリフト法)

   

上顎に小さな横窓をあけて、ここから骨のもととなる安全な人工骨補填材料を注入します。約6ヶ月 ~ 9ヶ月まって インプラントの埋入手術をおこないます。あとは、通常通り、3ヵ月後に上部構造装置を製作できます。

上顎洞挙上術(いわゆるソケット・リフト法)

上顎の骨量が、約5mm程度であれば、インプラント埋入と同時に、人工骨補填材料を同時に注入する方法です。一般のインプラント治療より、約2ヶ月程度期間を待つ必要があります。最大の特徴は、外科的侵襲が、少ないことです。

最新の骨再生療法について

水平的骨造成するケース

前歯などのケースでよくあります。差し歯などが、折れて感染すると、周囲の骨が、一気にやせてしまいます。インプラントを埋入手術時などに、メンブレン(人工遮蔽膜)と人工骨補填材料をもちいて、骨造成しながら治療する方法です。
約2ヶ月後に骨ができたことを確認するときに、このメンブレンをとりのぞきます。一般的には、約3ヶ月余分に待つ必要があります。

これらの治療方法は、GBR法(Guided Bone Regeneration)といわれるものです。生体の治癒にのった 期間が必要となります。骨は、1mm成長するのに約1ヶ月かかるからです。

ページのトップに戻る